山本集公式ホームページ

ドスを絵筆に持ち替えて日本一の富士山に捨身で挑む異色の画家
 0747-22-2568
お問い合わせ

男の死に際

2010 / 10 / 29  00:00

和食が1番!

20101029.jpg

秋刀魚、美味いなぁ

常宿のホテルにある和食屋にて。

さすがにこの歳になると、

「何が1番食べたいか?」と聞かれたら

白い飯と漬け物やなぁ。

 

それでも、ついこの間まで

「イタリアン」ちゅうやつも

好んで食べたもんや。

同席する仲間に、

「先生にイタリアンは似合いませんわ」と

よく言われたりもしたがな。

2010 / 10 / 23  00:00

智辯の教え子

20201023.jpg

奈良県天川村産の天然や!

今朝、智辯高校野球部時代の教え子が

どえらい手みやげを持って訪ねてくれた。

ワシの体を心配して、こうやって常日頃から

ぶらっと顔を見せてくれる。

 

そのたびに、ワシがこいつに何も教えたもんはないのに…

と恐縮してしまうのだが、「監督」「おやっさん」と

呼んでくれる声を聞くだけで、ホンマ、英気が養われる。

ちなみに、奈良県の天川村ちゅう空気はもちろん

空も、川も、見渡す限りの景色も最高の場所で

ログハウスを経営しとる。

 

http://web1.kcn.jp/haru-sakura/

 

ワシも、ワシの家族もこの夏に世話になったが、

そりゃもうオススメや。

近場に行くんやったら、ぜひ寄ったて欲しいもんや。

 

2010 / 10 / 23  00:00

送迎付きの散髪屋

20201023-2.jpg

ワシは、東京の病院に行く前に必ず足を運ぶところがある。

それが「ヘアーサロンヨコタ」。

かれこれ数十年の付き合いになる。

 

この横田君。

ワシみたいな短気で気難しい客など迷惑千万に

違いないが、毎度、心の垢までも綺麗に洗い流してくれる。

お陰で、心機一転、病院へ向かえるというもんや。

しかも、ワシのアトリエまでの送迎付き。

そのワケは、国立の学校に寝泊まりしている間に、

車の免許が切れてしもたんや。

お恥ずかしい話やけどな…。

2010 / 10 / 21  20:34

感謝

奈良県五條市のアトリエへ友達が訪ねて来てくれた。

ワシの病状を気にかけて、寄ってくれたとのこと。

病気になってみて気付いたのだが、

今までとは違う新しい感謝の念がワシの胸を熱くさせる。

ワシがアトリエを留守しているとわかっていながらも

電話で体調の気遣いをしてくれる友達もおる。

またこうしてインターネットの向こうで気にかけて

くれている人もいるに違いない。

この気持ちを言葉に当てはめるとしたら「感謝」の一言や。

正直、ガンの治療はなかなか手強い。

しかし、これも自分にかせられた宿命やと腹をくくっている。

この先、どう転がっていくかわからん自分の人生やけど、

そばで支えてくれる友達がおる限り、百人力や。

2010 / 10 / 19  00:00

ソン・ボベ

20101012.jpg

韓国出身の女子プロゴルファー、ソン・ボベ。

ワシが今、注目してる若者の1人や。

その可愛らしい外見からは想像もできないが、

自分の進む道をしっかり見据えたプロ根性の持ち主や。

ソン・ボベに会うたび、「まだまだ負けてられん!」と気合いが入る。

 

 

 

1 2
2021.01.26 Tuesday