山本集公式ホームページ

ドスを絵筆に持ち替えて日本一の富士山に捨身で挑む異色の画家
 0747-22-2568
お問い合わせ

男の死に際

2012 / 12 / 08  00:00

遺作展2日目

20121208-1.jpg

20121208-2.jpg

遺作展2日目が終わりました。

 

本日は、北風で枯れ葉が舞い踊るほどの寒さの中、

多くの方にご来場いただき誠にありがとうございました。

 

今日は、遺作展の作品の中で珍しい風景画をご紹介します。

それが写真に写っている「桜島」を描いた作品。

 

山本集といえば、「富士山」が代名詞のようになりつつありますが、

この「桜島」は、山本が忘れようとしても忘れられない場所。

 

と、いうのも…たまたま訪れた鹿児島で、血尿が出たことをきっかけとし、

「膀胱癌」が発見されたのでした。

 

ですから、この「桜島」を描く事で、癌との闘いに打ち勝ちたかったのだと推測されます。

これら「桜島」の作品の中から、山本の死闘が始まったのかも知れません…。

 

2020.11.27 Friday