山本集公式ホームページ

ドスを絵筆に持ち替えて日本一の富士山に捨身で挑む異色の画家
 0747-22-2568
お問い合わせ

男の死に際

2011 / 06 / 23  00:00

政治家たるもの

20110623.jpg

行きつけの喫茶店で一服や

ここ最近のドタバタ政権、日が経つごとに

落ち着いて行くのかと思いきや、もうめちゃくちゃやな。

 

ワシの勝手な意見やと思て読んで欲しいんやが、

今、日本は震災復興を何よりもまず急がなあかん。

それは、日本国民やったら誰にでもわかることや。

そやのに、肝心手綱を引くべき政治家達には、

今がチャンスやとばかりに権力争いしとるようにしか見えん。

 

ほんま、情けないのう….

 

一国の主である総理大臣。

この総理大臣に任命された御仁は、国の役に立たん場合、

切腹せなあかんちゅうのはどうやろか。

 

そうなったら、今の総理も、次の首相もほんまの命がけや。

そして、わけのわからん利権争いともおさらばや。

 

例えば、ヤクザの親分。

顔も見た事のない若い衆が事件を起こしよる。

すると、そのてっぺんである親分にも罪が科せられる。

これは極端な例かもしれんが、ワシの目から見たら

政界も、ヤクザの世界も、縦社会の図式といい、

派閥云々といい、ようよう似とるやないか。

 

まぁ誉められはせんが、ちゃんと責任をとる分、

ヤクザの親分の方が、腹がすわっとるようにさえ見える。

 

総理大臣の足を引っ張り、引きずりおろすのもええが、

引っ張ったヤツには、それだけの責任をもたそうやないか。

もちろん、仕事のでけん総理が、この日本の大将やなんて

世界の恥さらしやということは言うまでもないがな…。

2020.11.27 Friday