山本集公式ホームページ

ドスを絵筆に持ち替えて日本一の富士山に捨身で挑む異色の画家
 0747-22-2568
お問い合わせ

男の死に際

2010 / 12 / 10  00:00

背広と作務衣

20101210.jpg

最近は、もっぱら作務衣を着る機会が多いんやが、

実のところ、ワシの人相でスーツを着ると

どうしてもガラが悪うなるから仕方ない…。

けど、この歳になってようやく

スーツというより、作務衣が自分の体に

しっくり馴染んできたようや。

今では、普段着の足下にさえ足袋をはく事もある。

これもまた、ささやかなワシ流とでも言うとこか(笑)

2020.11.30 Monday