山本集公式ホームページ

ドスを絵筆に持ち替えて日本一の富士山に捨身で挑む異色の画家

長女の部屋

2022-07-15 13:03:00

山本集生誕82年!

山本集が生きていれば本日で82歳。

亡くなった日、命日よりもこの誕生日の方がずっと似合っている気がします。

この世に生を受けたのが真夏なら、この世とおさらばしたのが真冬とは・・・

どこを見ても極端な人生だったようです(笑)

 

今日は、遺作の中から真夏の作品をひとつご紹介します。

不動明王、お地蔵さん、田舎の風景そして赤富士・・・

山本が遺した作品を聞けばこう答えてくださる方がほとんどだと思います。

 

でも、これは長女である私から見て1番山本自身を描いているような気がしています。

できれば手放したくないなぁ・・・。

 

IMG_2818.jpg

 

 

「ひまわり」です。

写真で見るとわかりませんが、結構大きな作品で広いアトリエの中でも

かなりの存在感を示しているんですよ。

そうそう、この「ひまわり」の中にある「あつむ」のサイン。

どこにあるかわかりますか?(笑)

*画像をクリックすると大きくなります

この辺りも、実に父らしい部分ではないでしょうか。ははは・・・

 

昔、アメリカのウォール・ストリートジャーナルに

「世界のゴッホには耳がないが、日本のゴッホには指がない」

なんて紹介されていましたっけね。

 

 

 

2022.08.10 Wednesday