Text Size :  A A A
|  プロフィール  |  オレの絵を見てくれ  |  自伝「西の空からコケコッコー」  |
|  オンラインショップ  |  七十の手習いや  |  掲示板  |
Img_8404560b1ad8dbe2776c616b7d0b93ac
ドスを絵筆に持ち替えて、日本一の山 富士山に捨身で挑む異色の画家

昭和15年、奈良県五條市で生まれる。
地元の小、中学校を卒業後、プロ野球選手に憧れ、大阪の浪商に進学、
野球部に入部する。

同期の張本勲氏(元プロ野球選手)らと甲子園を目指す。
しかし、部員の不祥事などで一年間公式試合出場停止となり、夢破れる。
生来の負けず嫌い、一本気な性格から、
ゴンタ(硬派の不良)でも鳴らし、大阪の高校生の間で名前が知れ渡る。

卒業後、故郷で寿司屋と庭石屋を営みながら、智弁学園(奈良県)の初代野球部監督に就任する。
浪商仕込みのシゴキで部員を鍛えたが、そのシゴキが問題化し、一年半で監督を退任せざるを得なくなる。
練習の成果もあり、智弁学園は翌年甲子園初出場を果たす。

教え子の晴れ姿を喜びながらも、失意の底にあった山本は店をたたみ、男になりたいの一心で大阪の諏訪組系淡路会に入る。
男気一本で極道社会で頭角を現し、昭和48年、33歳の若さで諏訪組系山本組を旗揚げする。
大阪では武闘派として恐れられ、約10年の刑務所生活も送る。

浪商の同級生だった谷本勲氏から、いつまでもヤクザであることを諭され、又、好きだった絵を描くことを勧められ、組事務所で絵を描き始める。
絵を描くうちに、純な子供の頃の思い出が次々に脳裏に浮かび、キャンバスに形となって現れた。
悩んだ末にヤクザをやめ、堅気になることを決意。平成元年、組を解散し正式に堅気となる。

以来、叙情的かつ壮大な画風で全国に多くのファンを持つ。

2011年(平成23年)12月16日永眠


*今までの個展歴はこちら
Img_fc07bfc2c18e43b40113f8b638042bfd
寿司屋時代の数少ない1コマ  1964年頃奈良県五條市野原町にて たった一週間の修行の後、開店。 もっぱら出前に駆り出されたのは 当時の智弁野球部員達であった.(右端が山本集)    
Img_a7f42d1491a6ed06527f5dafc5fa885f
寿司屋と同じ時期にやっていた 庭石業  幼なじみや、ご近所の方々と (手前 右から3人目が山本集)
Img_e3e4668f48adc867be0aae74f64972a0
庭石業 作業風景 運搬用トラックやクレーン車などもそろえ  川からせっせと吊り上げ、運ぶ。 当時を振り返って山本は言う 『 よう、儲かったで〜 』
Img_89d5d231a27c7a25733651bdfc278942
智弁学園野球部員と 当時の野球部員の中には 今もアトリエを訪ねて来る者もいる (手前 左から3人目が山本集)
Img_b7f0b78e0b6efdca83fad20dbcbf966d