Text Size :  A A A
|  プロフィール  |  オレの絵を見てくれ  |  自伝「西の空からコケコッコー」  |
|  オンラインショップ  |  七十の手習いや  |  掲示板  |

●16.小さいながらも、一軒家を持つ

ワシが組長になったんは33歳の時やった。諏訪組系淡路会内山本組を結成したんや。
直参の若い衆が7人おった。小さいながらも、とうとう一家を持った。
諏訪組本家の承諾をもらって、淡路会の会長さんの名で、山本組結成書状披露もやってもろうた。

 ワシも一応、親分になったとはいえ、ワシの親分は淡路会の大西敏夫会長や。
淡路会の若頭という立場は変わらん。違うのは直参の若い衆を持ったゆうこっちゃ。
そうはいっても、親分は親分や。今まで、「兄貴、兄貴」とゆうてきた連中が、
ワシを、「親分」と呼ぶようになる。
ヤクザやるんやったら自分の組を持たなアカン思うてたから、そら、うれしかったでぇ。

 ところが、組持ったゆうてもワシはケンカは得意で上手やが、シノギ(金儲け)はようでけん。
だから、事務所を構える金もない。
それで、どないしたかいうと、京都にあるワシの自宅に若い衆と一緒に暮らし始めたんや。
自宅ゆうても二間しかないアパートや。
しかも女房と娘二人もおったから、全部で11人が狭いアパートでひしめくことになった。

けど、ヤクザは世間体が大事や。大阪に出るときは、いくら金がなくても電車で行くわけにはいかん。
ヤクザらしくマーキュリークーガーゆうアメ車を乗り回しとった。
もちろん、若い衆に運転させて、親分の風格を見せにゃならん。

 車はアメ車でも、京都に帰れば、台所は火の車や。ほんま三度の食事にも困ったぐらいや。
しゃあないから、夜中に若い者に畑へ行かせる。白菜とか大根を盗ませるんや。
白菜は塩振って漬け物や。大根は大根おろしにする。ドンブリいっぱいの大根おろしに、
今ならネコも食わんようなカツオブシを振り掛けたんがオカズや。

 米かて、オカユにする。オカユにすれば、少ない米でも腹いっぱいになる。
シノギのヘタなヤクザは、こないしてシノいだんや。ほんまに貧乏した。

 車のガソリン入れるにも百円玉3個握って
「これだけ入れてや」ゆうてガソリンスタンドに行ったこともある。
ごっついアメ車も、たった300円分のガソリンで走ってるなんて、堅気の人も気がつかんやろう。

 夜はもっとみじめや。娘二人は押入にいれて、若い衆は3組の布団に7人が雑魚寝や。
ワシと女房は隣の部屋に寝るんやが、残りの布団は一つしかない。
女房の口にタオルを入れて声出さんようにして、夫婦の営みをしたこともある。

 そんなこんなで、山本組を結成したかて貧乏のドン底や。
けど、ワシんとこの若い衆は根性の入った連中ばかりやった。
こんな生活にも一言も泣き言わんと付いてきてくれよった。
こういう時や、人の情けが身にしみるんは。
ヤクザもんの『一杯の夜なきうどん』

 組を結成できたのはいいが、自前の事務所も持てん。
ワシの家の京都の二間のアパートで直参の若い衆7人、
それと、女房に娘二人が一緒に寝泊まりする、みじめな生活やった。

三度の食事にも困ったが、ヤクザの親分ゆうたら見栄張らなならん。
 兄貴分が心配してあれこれとシノギ(金儲け)を教えてくれるが、
ほんまにワシはシノギはアカンかった。

 サラ金ブームの頃や。金融屋やったら儲かるいわれ、兄貴分が資金を1000万円ほど融通してくれた。
小さな事務所借りてサラ金を始め、若い衆も一夜漬けで金融のイロハを勉強した。
最初はまあ良かった。問題はコゲつきや。

ヤクザなんやから、病人の布団はいででも取り立てせなアカンのやが、ワシは逆や。
正直いえば、ヤクザのもぐり金融に金借りにくるいう人は、すでにあっちこっちのサラ金から借りて
ニッチもサッチもいかなくなった人か一癖も二癖もある札付きや。

 取り立てに言ってみると、四畳半一間のアパートにカアちゃんと乳飲み子がいる。
オヤジがギャンブル狂いで、おちこちのサラ金から金借りまくっとる。

 ヤクザのやる取り立てゆうたら、ちょっと若いカアちゃんなら、ソープランドに沈める。
やや年いっとるカアちゃんならウリ専門のピンサロに売り飛ばす。
こないして借金を回収するんやが、ワシはアカンかった。

 幼い乳飲み子抱えて、カアちゃんがひたすら謝る。
見ると、部屋ん中には綿のはみ出した布団とちゃぶ台ひとつ。テレビも冷蔵庫もない。
ミルク代にも不自由しとる様子や。ワシ、こういうの弱いんや。

 若い者に借用書取り出させ、その場で破り捨てて、
「もうええ。それより、その赤子、ちゃんと育てや」
そうゆうて、ワシの財布からいくらか金取り出して置いて帰った。

 あとで聞いたら、そのカアちゃんも札付きの悪やゆう話や。
いつもそうやってヤクザもんの同情買うて、
借金踏み倒している常習犯やゆうやないか。情けない話や。

 そんなエエカッコしておきながら、
自分の娘には満足においしいもん食わせられん。落ち目のどん底や。
ある夜、娘が腹減ったゆうて泣きよる。ワシ、娘二人抱えて、夜なきうどんを食わしに行った。
子供は親が落ち目でも知らんわな。銭は一杯分しかない。うどん一杯を娘二人に食わせる。

いつもやと二人で一杯のうどんを食えば、それで満足するのにその夜に限って、
親の懐具合も考えんともっと食いたいと言いよる。
そん時、ワシはポケットの中の100円玉1個握って、冷や汗かいとった。

 そないしたら、その夜なきうどんの屋台のおっさんがどういう風に見たんか知らんが、
黙って、そば2杯つくって、
「カワイイお嬢ちゃんやな。今日はおっちゃんのおごりや。腹一杯食べてや」
よう見るとそのおっさんの小指がない。多分、昔ヤクザやってたんやろ。
ヤクザやってた人間やないと、こういう情のかけ方はできん。

 ワシ、黙ってお辞儀しただけや。
うれしいゆうか、むなしいゆうか急に涙がこみあげてくる。
身の置きどころがないゆうのはこういうことをゆうんやろう。
これこそ、ヤクザもんの「1杯の夜なきうどん」いうわけや。

●17.賭博の旗揚げで儲ける

貧乏やったが、ともあれ山本組は旗揚げした。けど、いつも金がのうてピーピーしていた。
そないしているうちに、ワシのスポンサーゆうか、ファンゆうかダンナさんゆうか、
まあゆうたら会社の社長とか金持ちの人が2、3人できて、ワシ、ずいぶんカワイがられた。

 その社長の1人が、バクチしいや言う。家も貸金も貸してもろうて、賭場を週2回開いた。
博徒の旗揚げや。バクチは手本引き、サイ本引きや。週に2回で、月に8回や。
そのうち2回は親分のため、もう2回は組と兄貴のために賭場を開いた。これは儲かった。

 一晩でテラ銭が500万円ぐらい入ってくる。親分や兄貴分にも顔が立った。
ところがワシはダメなんや。おとなしく賭場開いて、若い者にまかせ、
テラ銭の計算しとりゃいいんやが、銭入ると自分でバクチ打つ、毎晩クラブをはしごする。

 あるだけの現金持って、大阪のクラブに行く。女の子なんか不細工な子でも、みな来い来いと呼ぶ。
お客さんの中にも気に入った人がおったら、ボトル1本つけてやる。

 ヤクザゆうのは、やっぱり男を売る商売だから豪快にいかにゃならん。
銭なんか、100万でも200万でもあるだけ全部使うてしまわな気いすまん。

 賭場開くようになって、大阪に事務所持てるようになった。
金庫に何百万円とか何千万円とか現金が入っている。
そないしたら夜中、眠れんのや。金庫の中に入っている札束が、
「ゼニ使え、ゼニ使え」とやかましく騒ぎよる。

 これ、ほんまでっせ。今日は、百万長者、日がかわったら無一文ゆうこともしょっちゅうあった。
けどワシは、金があっても無くともちいとも気にせん。
金がなかったら事務所から一歩も外に出ん。ただそれだけや。

 けど、ワシらはやっぱしケンカ屋や。万が一の時に銭がのうて動けんのじゃ格好つかん。
それでベンツやリンカーンゆう高級外車をバーンと現金で買うとくんや。
そないしていざゆうたら、真夜中であろうとかまわん、車金融やっとるヤツ叩き起こして、
1週間前に1000万円で買うたベンツを300万円ぐらいで叩き売る。

 こないやっとるから、ワシんとこにはアメ車であれ欧州車であれ、
高級外車がいつも2、3台転がっておった。

 けど、バクチゆうのは、ホンマに恐ろしいもんや。
ワシ、自分とこで賭場開くだけにしとけばよかったが、自分でもバクチするようになった。
しかも野球トバクや。
これが野球トバクの仕組み

大阪は野球トバクが一番盛んや。
ワシは元高校球児で、しかも智辯学園の初代野球部監督までやっとる

 プロ野球選手になったろう思うて、「死にもの狂い」で練習したこともあった。
だから野球トバクに手ぇ出すのはあんまりいい気はしなかった。

 けど、組構えて若い者も増える。金もたくさんいるようになる。
しかもワシは他のシノギ(金儲け)は全くダメや。バクチしかない。

 この野球トバクも胴元だけやっとればほんまに儲かる一方だが、ワシは自分でも張ってしまう。
プロ野球の場合、全試合があるとしたら、セ・リーグが3試合、パ・リーグが3試合の6試合がある。
例えばセ・リーグの1試合が巨人対阪神とするやろう。
先発ピッチャーとかチームの状態見てハンデ師が、ハンデつけるわけや。

 仮に、阪神1.0のハンデが出るとする。試合は1対1で引き分けや、
そないすると巨人に張ったもんが勝ちや。
10万円張った人は、テラ銭の1割取られて9万円儲けゆうこっちゃ。阪神に張った人は負けや。

胴元は勝とうと負けようと1割のテラ銭を取る。これが野球トバクの仕組みや。

 これがとんでもないほど面白い。なんせプロ野球ゆうたらシーズン中はほぼ毎日ある。
いつもいつも先発ピッチャーが分かるわけじゃない。
ハンデ師ゆうのがそれこそ地獄耳で、スポーツ新聞や、週刊誌でさえ知らんような情報握っとる。

 けど、このハンデ師の読みが大ハズレする時もある。
片方に1本かぶりしてえらいめにあうこともある。そうなっったら、胴元が破産してしまうのや。
だから、500万円とか1000万円ゆう大きい金張ってくる客がいる時は、
胴元同士でまわし合う。つまり危険分散ゆうわけや。

 ワシは野球には自身があった。ハンデ見て、ピーンときたら、
胴元回しの受け金なんぼでも受けた。金がなくても受けた。

 しかも、自分でも1000万円、2000万円と張る。一晩で5000万円ぐらい儲かるなんてザラや。
ところがワシが儲けても、胴元回しの受け金でドッサリ取られてしまうこともある。その逆もある。
そないして儲かったゆうては、クラブで大散財する。こんな事やっとれば、人間、バチも当たるやろう。
案の定、ワシはバクチで大ヤケドしてしもうたんや。

●18.バクチの後始末で小指を詰める

ワシ、小指が2本ないんやが、実は、バクチの後始末で指詰めたんや。
その頃、本家の諏訪組と四国のある組織が、政治兄弟いうか、
同盟みたいなもんやが縁を組むことになった。

そういう時は諏訪組のだれかと、相手の組織のだれかが兄弟盃交わす。
それで、ワシの親分の淡路会の会長が、兄弟盃の相手に選ばれたいうわけや。

ワシの親分の兄弟ゆうたらワシのオジキになる。ワシもこのオジキには特に大事にしてもろうた。
そないしたら、オジキが「どんなシノギやっとる」とワシに聞いてくれた。
「野球やってまんねん」ゆうたら、「そうか、うちの客もやる」とゆうて大口の客を紹介してくれた。

四国からやから銀行振り込みや。銭ボンボン振り込んでくる。
ワシも勝ち金はしっかり払い込んでおった。
そないしておったら、ウチンとこの若い衆が、その金を持ち逃げしてしもうた。

3000万円はあったんとちゃうか。
しかも、そん時、運の悪いことに、四国の客がガッポリ勝ちよった。
金を持ち逃げした若い衆も負ける計算してへんのや。親も親なら子も子や。

 どない段取りしても、勝ち金が払い込めん。運悪く、翌日は土曜日やった。
土曜やから午前中までに払わんと義理欠くことになる。
ワシは懸命になって金策したが、そないすぐ何千万円もの現金あらへん。

バクチの金は、少し遅れても払ったからって済むもんやない。
カラスがカー、スズメがチュンが決まりや。
つまり、宵に勝ったバクチの金は、朝、一番に届けなならんちゅうことや。

このままやったら、四国の客に不義理するし、それ以上にオジキや親分のメンツ丸つぶれや。
金持ち逃げしたもん探す余裕もない。そないしてたらタイムリミット(銀行閉店)。や

 ヨシッ!ワシが腹くくるしかない。今、思うと事情を親分や四国のオジキに話したら、
わけなく許してもらえたろうが、ワシの性格がそれを許せん。

 そん時の精一杯の結論は、「身を捨てて浮かぶ瀬もあれ」というこっちゃ。

 ヘタ打って指切るのも、切った指で生かすこともある。
逃げたもんは後でつかまえてケジメ取ったらええ。
そないゆうても、やっぱり指切るときは、ドキドキした。それまで人の指切ったことはあったが、
自分のは初めてや。

 映画なんかじゃ、指切る作法みたいなもんがある様に思われているが、そんなええ格好ちゃう。
「オイ!台所から、まな板持ってこい!」
「大工の使うノミ買うてこい」とこんなもんですわ。
医者にも行かず四国へ飛ぶ

若い者に台所のまな板と大工の使うノミを用意させた。
小指に、「あんじょう成仏してくれ」
と心の中でつぶやいて、ちょっと口に含んで、湿り気をつけて、まな板の上にきっちりのっけた。

小指の第一関節にノミの刃をあてて、金ズチ持った若い者に、
「ヨシ、いったれ!遠慮せんと、目いっぱいひっぱたくんや」と腹の底から声を出した。
大きい声を出すんは、気合い入れるためや。けど、瞬間は目ぇつぶったんとちゃうか。

 そないしたら、小指が、ピューッと飛びよった。これが親分の分や。
ところが、飛んだ指が見つからない。どこへ行ったか分からへん。

「コラッ!痛いのに探さんかい!」
若い者に探しださせて、白いハンカチに包んで、もう一方の手の小指を出して、
「オイッ、次はこっちや」若い者はびっくりして、
「もうこっちだけは、やめといておくんなはれ」ゆうんですわ。
「エエイッ、切れ!こっちは四国のオジキの分や!」
こうと決めたら止められん。はんまに、ワシはアホな性格しとる。

 ところが、もう一方の小指は切っても、飛ばへんのや。
片一方は勢いよく飛んだが、同時にもう一本切ったら、それは飛ばへん。
人間の体ちゅうのは不思議なもんや。これは指切ったもんでないと分からん。

 痛いゆうが、痛いのなんて分からん。輪ゴム巻いて、止血して、包帯巻いたが、カッカッとうずく。
医者に行くのはカッコ悪い。若い者に痛み止め買いに行かせて、このまま四国へすぐ行くことにした。
若い者に飛行機の予約入れさせておいて、ワシはまず親分のとこへ先に行った。

 親分は、「なんやッ」とそれはびっくりしとった。
「親分、バクチの金を若い者に持ち逃げされて、四国のお客さんに払えなくなったんですわ。
えらい不細工なことで済んまへん」
そないしたら、親分、涙ポロポロ出して、泣きよるんじゃ。

「何でそんなことオレに言わへんのじゃ」ワシはワシで考えがあった。
金を持ち逃げしたガキら、捕まえて死ぬほどブチのめしたると。

「親分、ヘタ打ちました。とにかく四国へ先に行ってきまっさ。
親分の顔つぶさんようにちゃんと話してきまっさかい、辛抱しておくんなはれ」とそない言った。
親分は泣きながら、「バクチの金やったらオレが儲けた金がある。その金持っていけ」
と言ってくれた。
「そういうわけにはいきません」
「分かった。それでええ」親分の顔は、涙でグチャグチャやった。

 それで若い者一人連れて、四国へすぐに飛行機で行った。
手を心臓より下にしたら、うずいてしようがない。
両の手胸より上にかかげて、飛行機に乗ったら、みな見よる。みっともない話しや。