Text Size :  A A A
|  プロフィール  |  オレの絵を見てくれ  |  自伝「西の空からコケコッコー」  |
|  オンラインショップ  |  七十の手習いや  |  掲示板  |

●10.ヤクザになったる!

 智辯学園野球部の監督を辞めさせられて、
ショックちゅうか気合い抜けしたゆうんか毎日、魚釣りばっかりしておった。
そないしとったら、その筋の方から、
「うちの組に来いへんか」と声が掛かるようになった。
今でゆうたらスカウトや。山口組からも来た。
もし、あの時、山口組に行っとったら、ワシの人生も変わっとったろう。

 ヤクザから声が掛かるのも無理はない。
ワシは監督やりながら、奈良県五條市で寿司屋と庭石屋もやっとったが、
そのころもケンカばっかりやっとった。
インチキバクチにだまされてヤクザの親分のところへ殴り込みに行くわ、
ヤクザ金融に乗り込むわで、ヤクザ以上のことをやっていたんや。怖いもの知らずや。
田舎のことやから、奈良から和歌山の隅まで“ヤマモト・アツム”の名前は知れわたった。
不良やら何やらが、
「おやっさん、おやっさん」と寄って来る。本物のヤクザが目エ付けんはずがない。
しかしいくらゴンタで名を売っていたからとゆうて、本物のヤクザとなるとワシも迷った。

 そないしてる間に、智辯学園の甲子園出場が決定した。
ワシが監督クビになった翌年、野球部創設からわずか3年目のことだった。
レギュラーはワシが一緒に寝泊まりして教え込んだ連中ばっかり。
悔しいのか、うれしいのんか、涙が止まらんのや。

 選手たちは、「山本さんとこへ報告に行く」ゆうて、みんな来よる。
ワシも、「よかったな」と口ではゆうてみるが素直に嬉こばれん。
けど、選手たちはなんやかんやゆうてワシのとこへ来る。もう身の置きどころがあらへん。
選手たちは憧れの甲子園に行く。けど、元監督のワシは相変わらすのゴンタやっとる。
「奈良にはもうおれん」と思った。
「ええわ、こないなったらホンマモンのヤクザになったる。男を磨いて、日本一の親分になるんや」。

 そない決心したからには、やっぱり大阪や。
今ならみんな山口組に行くようやが、当時はそないに有名やなかった。
ワシが訪ねていったのは、諏訪組淡路会だった。諏訪組には諏訪健治いう親分がおった。
当時もう60歳ぐらいだったが、立派な親分やった。

 直接の世話になったのは、淡路会の大西敏夫会長で、
これがまた、昔の映画に出てくるような侠客肌のエエ親分や。
貧乏だったが、堅気の衆や子供にも人気があった。
そこの若い者頭に、ワシは浪商にいてゴンタやっとったころから飯食わしてもろたり、
色々世話になったことがあったんや。

 極道になるんなら、ここや、ここしかない。
そう思うて、若いもんを20人ぐらい引き連れて大阪に向かった。
あれはワシが26、27歳のころやった。
ヤクザに憧れて

 「なんでやくざになったのか?」
極道から足洗って、こうやって絵描いとると、いろんな人に聞かれる。
ヤクザやっとる最中も友達が聞いてくる。
浪商野球部で同じカマの飯を食い、今は実業家の谷本勲もそうやった。
けど、そんなんは若い血気盛んなころは耳も貸さん。

 今でこそヤクザの裏も知り尽くし、ヤクザなんかなるもんじゃないと言える。
しかし、ゴンタやっとった時はカッコエエなあと思ったもんや。
初めてヤクザに憧れたんは浪商のころやった。

 ワシらが3年生になって修学旅行の話になった。
けど、そのころの浪商ゆうたら硬派といえば聞こえはいいが、ワルで有名やった。
先輩たちも修学旅行に行っては暴れ回っとった。
それで、どこの旅館も浪商には貸してくれん。そこを先生方がえらい苦労してなんとか旅館を探した。
問題は、いつもゴンタやって何度も停学になっとるワシや。校長室まで呼ばれて、
「絶対ケンカしません。おとなしくします」
ゆう誓約書を書かされて、やっと修学旅行に行かせてもろうた。

行ったのは日光やった。旅館について大浴場につかって、日本酒を盆に浮かべてイッパイやっとった。
ワシらにしてはおとなしいもんや。
ところが、そこへ、仲間の一人が、
「浪商のヤツがだれかに殴られた!」と駆け込んできた。
「なにィ!仕返ししたる!」

 そないなったら、ワシの性格や。
校長に誓約書書いたことなんかすっかり忘れて、風呂から飛び出した。
パンツだけ履いて黒い革靴引っ掛けただけの格好で温泉町を突っ走った。
パンツ一丁で走るワシの後ろを同級生がみんなドドーッとついてきよる。
一番最後には先生も「なんとか止めなならん」と必死になって追っ掛ける
まるで漫画みたいな光景やが、ワシは真剣や。

 ここでやめたら、“浪商のヤマモト・アツム”の名がすたる。
ワシは途中にあった金物屋でデバ包丁かっさらって、
「どいつや。うちのヤツをド突いたんわ」と探しまわった。
日光の杉並木のとこで、だれかが、「こいつらや!」と叫んだ。
そこには浴衣姿のオッチャンが3人おった。
「おんどりゃ、ブチ殺したるゥ!」ゆうて、一人のエリをつかんだ。
そないしたら、立派な彫り物がパーッと目に入った。相手がヤクザやろうが、そんなん構わん。
デバ包丁をブチ込もうとした時、パトカーがサイレン鳴らして来よった。
その浴衣姿の極道は、ワシの手から包丁取ってパッと浴衣の中に隠したんや。

 「なんでもおまへん」
その極道は警官にそうゆうて、パンツ一丁のワシをかばってくれた。
「ニイちゃん、いい度胸しとるが、無理したらアカン。まあ、あとで遊びに来いや」
ゆうて、泊まってる旅館を教えてくれた。

 今度はちゃんと学生服着て、その旅館に行った。
大広間でほんまもんの極道が宴会やっとる。料理も修学旅行の飯とは比べもんにならん。
きれいな芸者さんも仰山おって立派なもんや。

 親分に会わせてもろうて、酒もごちそうになった。
帰り際、万札がぎっしり詰まっとる財布からゴッソリ小遣いまでくれるんや。
「カッコエエなあ、男やなあ」。ゴンタやっとったワシはすっかり圧倒されてしもうた。

●11.ヤクザ最初の刑務所つとめ

ほんまもんの極道になる決心をして、奈良から大阪に出た。
ほんまもんの極道になる決心をして、奈良から諏訪組系淡路会の大西敏夫会長のところに世話になったが、
そのころの淡路会は20人ほどしかおらんところに、
ワシの若い衆が20人もついてきたんで、いっぺんに淡路会は大きくなってっしもうた。
アパート借りてメシ食わしてもろうたが、いま、考えるとほんまに迷惑かけたと思う。

 なんせそのころのワシらゆうたら、金もうけなんか全然知らなかった。
ゴンタゆうか、ケンカだけやっとればいいと思っていたんや。
ワシも後になって一家構えて分かったが、そんなんはあとの祭りや。

 ワシらの頭ん中には、ケンカしかなかった。
当時、ヒト一人殺したら5年やった。
はよう刑務所行って、金バッチつけたい。そればっかり考えとった。

 そないしとると、あろ日、親分の親しい寿司屋のオヤジが、酔っ払った客に刺された。
ワシらは、みんなと親分の家でメシ食ってたが、その寿司屋のおかみさんから泣いて電話があった。
ワシらは、親分と一緒に駆けつけた。
親分は寿司屋に着くなり、
「どいつじゃ!」
ゆうて、すし屋のブ厚いマナ板を持ちあげ、刺した男の頭をポーンや。
男はひっくり返ってアワ吹いて目ェむいとる。
「こりゃアカン。死ぬぞ、病院連れてきや」いわれてワシ、病院へ担ぎ込んだ。
ところが、あたりどころが悪かったのか、その男は1週間ほどで、死んでしもうた。
警察が来よった。
あんなブ厚いマナ板持ってド突くような男ゆうたら、相当力のある人間や。
警察から、
「そんな力あるのだれや」と聞かれて、
「ワシや」と答えた。親分の身代わりになったんや。

 傷害致死や。裁判受けて、大阪刑務所に2年、これがワシの最初のつとめになった。
「これで男になれる、出てきたら金バッチや」と意気揚々と刑務所にいった。

 ところが、刑務所いうところは、ほんまにエライとこやった。先輩に聞いとった話と全然違う。
町の乞食でも着んようなぼろぼろの服きせられて、うちの犬でも食わんようなものを食わす。
この世の中にこんな所があるんか、思うたぐらいや。地獄とはこんな所をいうのやろう。
しかもワシは態度は大きい、すぐに口答えするゆうて、袋かぶされてド突きまくられる。
何度も懲罰房に入れられた。

 刑務所行って、鉄格子から真っ赤な空が見える。窓の外にイワシ雲がパーッと浮かんでいる。
生まれたばかりの子供はどないしてるやろう。夢見るのもガキのころのことや。
初恋の女の子がセーラー服着とる。そして田舎の夕暮れの光景や。

 ワシの絵は、赤が多いいわれる。紅葉の赤、夕暮れの赤や。
ツライ思いして、2年間のつとめを終えたが、ヤクザいうのは、泣いて辛かった事はひとつも言わん。
見栄と虚勢の世界や。本音はひとつも言わん。かっこばかりつけとる建前の世界なんや。
殴り込み初体験

親分の身代わりになって傷害致死罪をかぶって、大阪刑務所で2年間つとめた。
出所の日に、親分や身内のもんや、みんなが出迎えてくれる。
刑務所の中であんだけツライ思いしたのに、ゲンキンなもんで、「ごくろうさん」の声に
つい、高倉健や。またその気になる。

 出所すると、やっぱりみんなの見方が変わってくる。兄貴分が、副会長になっていて、
ワシに若い者頭になれゆうてくる。そのころには淡路会の組員が120人からに増えとった。

 兄貴から
「オレに命あずけてくれ」といわれて
「よっしゃ」てなもんや。
「いつかワシも親分になってやる。そのチャンスがやっと来た」と思った。

 最初によその組に殴り込みに行ったのも、この時や。
殴り込みやるとなったら、大きい刀は部屋ん中では、よう使いこなせん。短いヤツや。
それも布で手にぐるぐる巻きにする。こないしたら叩かれても絶対に手から離れん。
週刊誌を濡らして腹にサラシできつく巻き込む。そのうえ火バシを両の腕に巻きつける。
こないして腹と両の腕を守って、頭に鍋くくって、地下足袋履く。
これが当時の殴り込みスタイルや。

 その時、一緒に殴り込みに行ったのは3人やった。車に乗り込むとき、後部座席の真ん中に
乗ったら出るのが少しでも遅くなるから、ちょっとでも助かるな、いう気持ちは本心にはあった。
けど、それじゃ格好がつかん。相手の事務所の前に着いたら電気がパァーッとついとった。
抜き身のドス持ってドアを蹴破ったが、よう見るとドアがほんの少し開いとる。
しかし、興奮しとって何が何やらよう分からん。
酒なんか一升ぐらい飲んどってもちぃとも酔えへん。

 バァーッとドア蹴飛ばして、中へ入る。ところが、敷居につまずいて転んでしもうた。
すぐに立ち上がろうとしたが、コロコロひっくり返って立てへん。
足がしゃちこばって立てへんのや。立っても、またひっくり返る。
「ウワァーッ」と声だけしか出ん。
そないしたら頭の上で、「バン!バン!」と拳銃2発、撃たれた。

 ワシはしょんべんと冷や汗やなんかでもう体じゅうがベタベタや。
もうアカン思うたが、とにかくその拳銃持っとる男にかかっていった。
そないしたら、なんか様子がおかしい。拳銃持っとるヤツが、
「待て、待たんかい」ゆうて逃げよるやないか。おかしい思うがな。

 そないしたら後ろに兄貴がおった。
後から分かったんやが、兄貴が先に行って話をつけておったんや。
さすがはワシが惚れた兄貴分や。不様なのはワシや。

 これがワシのヤクザになって最初の殴り込みや。みっともない話やけど、ほんまの姿や。
高倉健の映画もように格好よくは絶対にいかんのや。

●12.舎弟のために「女のもめごと」

 ヤクザの世界は、親分のいうことは絶対や。
ワシは諏訪組系淡路会の大西会長の子分になったが、刑務所帰りちゅうことでハクがついた。
しばらくしてから若い者頭に抜擢された。そりゃ大出世や。
入社そうそうの営業マンが、商品をひとつふたつ売ったかて、営業部長にはなれん。
ところがワシの場合、一息に常務になったようなものや。
けど、ヤクザいうんは上に行けば行くほどツライ商売なんや。

 若い者の面倒は見なきゃならん。かといっていざケンカとなれば先頭きって行かにゃならん。
親分も男にしなきゃならん。ヘタ打ったら、すべての責任を背負わなならん。
組織を大きくせなならん。これが頭の宿命ちゅうもんや。24時間、ほんまに休める間がない。

 極道の世界に入って10年ほどで一家を持って組長になったが、
組長になったら少しはいいめ見られるやろう思うていたが、それがまた違う。
子分の中には出来のワルいのもおって、つまらんケンカをしてくる。
酔っ払った上のケンカでも、組あげての抗争になることもある。
金と女でええ思いすることもあるが、金で苦労することの方が多い。

 1年365日とすると、ええ思いすんのは5日ほどや。あとの360日はツライことばっかりや。
そりゃ金の入った時は、盆と正月が一緒に来たようなもんや。
女房や子供連れて、若い衆連れて、百貨店ごと買うたるゆうぐらいの勢いや。
けど落ち目に時は、目もあてられん。
ごはんに醤油かけて、おしんこのしっぽかじって1ヶ月間過ごすこともある。

 親分のためや、組織のためやゆうては、
自分なりの言い分をつくっては、ほんまに悪いことも仰山やった。

 ケンカ専門や、武闘派やいわれていい気になってたが、ワシは本当は気が弱かったんや。
ケンカ好きやったのは、やっぱりヤクザの世界では強いのが法律や。
そん中で男をあげるのはケンカしかない。そう信じとったんや。

 ワシも女は好きや、そやけど女のことでウジャウジャするのは大嫌いや。
だからヤクザやっていても、女とシャブだけは手ェ出さんかったし、若い者にも禁じとった。
ところが、ワシが刑務所を出たばっかりのころ、
京都の雄琴のソープランドの女のことである組ともめてしもうた。
いや実は、女のことだと知らずにもめてしもうたんや。

ワシの舎弟が、しばらく刑務所に入っとって、出てきた。
この舎弟はワシに隠しとったが、ずーっとソープランドの女のヒモをやっていた。
ところが刑務所に入っとる間に、女がある組の女になってどこかへ連れていかれてしもうた。
自分で何とかしよう思うたが、どうも話がこじれそうになった。

 そこでワシに相談した。
けどワシもワシの若い者もヒモなんて御法度や。
そこでワシに女のことは隠して、相手の組と交渉してくれちゅうことになった。
ワシにとってほかの組との交渉いうんはケンカのことや。
ワシは女のもめ事とも知らずに、
こりゃ売り出す大きなチャンスやと思うて、そのケンカを買うてしもうたんや。
組とのケンカで売り出すつもりが…

 その交渉ゆうか、話し合いは、相手も5人。こっちも5人や。
待ち合わせの場所は名神高速道路のあるインターそばのレストランや。
ヤクザの話し合いはうまくいく時もあるが、うまくいかん時もある。うまくいかん時はケンカや。
もちろんケンカとなればルールはない。勝ってなんぼや。

 それで、まず話し合いに行く5人のほかに、3人を、車に乗せてケツにつけさせた。
話し合いに行く連中はもちろん丸腰や。けど後ろから行ったヤツには道具持たせる。
話し合いがこじれたら、38口径の拳銃をぶち込むんや。

 まあ、ここまでやったらだれでもやる。相手もやってくる。これじゃあ五分のケンカや。
ワシはこれとは別の3人に道具とポケベルを持たせて、相手の組事務所のそばで待機させた。
話し合いがこじれる。その場でドンパチや。
と同時に相手の組事務所近くで待機しとる連中のポケベルが鳴る。
 「ぶち込んだれ」いう合図や。
やつらは相手の組事務所に弾ぶち込む。これがヤクザの、しかも勝つケンカや。

 ワシは話し合いに行く連中に、
「金で話しつけたらあかんぞ。何がなんでもケンカにもっていけや」 ゆうて送り出した。
ところが、話し合いがついてしもうたゆうて帰ってきよる。しかも、金を200万円持ってきた。
「なんじゃ、これは!」
ワシかて金は欲しい。だが、ケンカで売り出したい気のほうが強かった。

 ところが、話し合いに行った連中の話を聞くと、女とのもめ事やったという。
「女と別れるゆうてます。ワビ料として200万円出しよったんや」
若い連中の報告聞いて、ワシはカーッとなった。
そして、このもめ事起こしたワシの舎弟の方を見た。
「おのれ!もめ事いうのは女のことやったのか!」
ワシはその金を舎弟にぶつけ、木刀でメッタ打ちにして、半殺しにしてやった。

 ほんまに情けなかった。
女とのもめ事にワシの若い衆に体張らせたんや。その舎弟やなく、自分自身に情けなくなったんや。