Text Size :  A A A
|  プロフィール  |  オレの絵を見てくれ  |  自伝「西の空からコケコッコー」  |
|  オンラインショップ  |  七十の手習いや  |  掲示板  |
● 大星洋アート   E-Mail. 10:30 / Sun.05.07.2017   [Res!]
はじめまして。名古屋で画廊を営んでいる者です。
知人の紹介により、山本集先生の事を知り、作品に深く感動致しております。
山本先生の作品からは、不思議な温かみのようなものが伝わってくるのを感じます。
現代人の多くが忘れ去った、古き良き時代の人情味とでもいうのでしょうか・・
そういった昔ながらの、懐古の情念がひしひしと伝わって参ります。

余談に御座いますが、只今、趣味で感銘した作家の作品を、
youtubeに動画としてアップしより多くの方々に観て頂きたく紹介ておりますが、
もし、差支えなければ、山本集先生の作品も紹介させて頂く事は可能でしょうか。
(手元に知人より頂きました山本先生の画集がございます)
これほどの大物作家をより多くの方々に知って頂けたらと思います。
御無理であれば、自粛致しますので、宜しく御検討頂ければ幸いに御座います。
● スタッフ   23:20 / Tue.05.09.2017
>大星洋アート様
初めまして。ご丁寧なコメントをありがとうございます。
また、山本集作品へのお褒めの言葉も大変嬉しく存じます。

さて、ご依頼の動画サイトへの投稿でございますが、
誠に申し訳ありませんが、山本集の本意ではないところでございますのでご遠慮申し上げます。
どうぞよろしくお取り計らいくださいますようお願いいたします。
● スタッフ   06:59 / Sat.03.25.2017   [Res!]
本日、メールにて「赤富士」へのお問い合わせを下さいました
S様。メールが宛先不明にて戻って参りますので
当アトリエからのメールを受信設定いただくか、
お手数ですが再度メールアドレスをお知らせください。
● 岡野   E-Mail. 21:37 / Tue.06.07.2016   [Res!]
赤富士の絵画はもう残っていないのでしょうか?
● スタッフ   22:31 / Tue.06.07.2016
>岡野様
お問い合わせいただき、ありがとうござます!
メールにて返信させていただきました。
どうぞよろしくお願いいたします。
● 清水   05:06 / Thu.03.24.2016   [Res!]
はじめまして、38歳の若輩者です。
1歳になる自分の息子はダウン症です。成長も遅く、知的にも障害があります。ただ、ダウン症の子は何か一つに集中する、出来ると聞いています。実際にも書道家 画家になられてる先輩がいます。息子の可能性を信じて山本先生の様なデッカい男前な画家になれる様に育てといと思います。
あと、自分は山本先生が大好きでDVD 著書を拝見し、日々、武道を通じて己の男道を磨いております。5歳の息子にも 物事をする時は真面目に 何をやるにも捨身 大切なのは人の道 と叩き込んでおります。
捨身Tシャツを是非、また販売して頂ければ幸いです。押忍‼
● スタッフ   22:12 / Thu.03.31.2016
>清水様
力強いメッセージをありがとうございました!
子どもは親の背中を見て育つ。この言葉を身に染みて感じていたに違いない山本です。
清水様におかれましても、己の男道を通し身をもって子育てに励まれるよう
ささやかながらアトリエ一同にて応援いたしております!
頑張って下さい!!
● 村上芳樹   E-Mail. 22:51 / Thu.12.03   [Res!]
はじめまして、50歳の頑固親父です。
10年ほど前、自分の生き方にブレはないだろうかという疑念抱き、「勝ち薬」という書籍を拝読しました。人情味に溢れ、私の好きなオ−ル巨人師匠や拳闘一筋、辰一丈一郎さんのことも書かれていて、人情を伝える山本さんのファンになりました。それ以来、DVDや「男の散り際」の書籍を購入し、益々山本さん惹かれた一人です。時代に流され保身に走る人が多いなか、本当に大切なことをこれからも発信していって下さい。時々ですが、ホームペ−ジを拝見し、奈良五條の風景やスタッフ皆様コメントに心が和む、昭和の人間の一人です。ありがとうございます。合掌。
● スタッフ   16:12 / Fri.12.04
>村上様
熱い熱いメッセージをいただき、ありがとうございます!
山本が生きており、このメッセージを拝読したなら「遠慮せんと一回遊びに来いや」と
嬉しそうな顔をしてお誘いしたことでしょう。
頑固親父、大いに結構。きっと話が合うかと思います。
山本亡き後、細々としか更新できていないHPではありますが、ぜひ時折思い出してやってください。
時節柄、どうぞご自愛くださいませ!
Next